• サイトマップ
  • ホーム
  • コンセプト
  • 機能紹介
  • 仕様
  • 導入事例
  • よくある質問
  • お問い合わせ

今、ホームページに求められることは~CMS導入は目的ではなく手段~

CMS-8341/やさしいが選ばれる理由

ホーム > 「CMS-8341/やさしい」が選ばれる理由

ここから本文です。

CMS-8341/やさしいが選ばれる理由。

「CMS-8341/やさしい」の名前の由来は、「JIS X 8341-3」にあります。つまり、アクセシビリティに準拠するという意味の「JISの規格番号(8341)」と、誰にでも使いやすいCMSという願い「誰にもでやさしい(8341)」の両方を意味しています。

この「CMS-8341/やさしい」が選ばれる3つの理由をご紹介します。

 理由1 簡単、分かりやすいページ作成画面

ユーザーインターフェイス(画面イメージをそのまま編集)

「誰にでもやさしい(8341)」という点で特にこだわったのは、CMSのユーザーインターフェイスです。ページ作成に慣れていないページ作成担当者でもすぐに、簡単にページ作成ができるよう分かりやすいユーザーインターフェイスにこだわりました。事実、導入させていただいたユーザー様からは2時間程度の研修を行えば特に操作に関する問い合わせもなく利用していただいております。

 理由2 様々な電子ファイルをそのまま流用

ワードからそのままコピー&ペースト

「誰にでもやさしい(8341)」という点に関してはもう1つ特筆すべき機能があります。それは他の電子ファイルを流用して簡単にページが作成できる点です。公共団体では、情報発信の目的で、様々なワードやエクセルなど様々な電子ファイルを業務として作成します。これをそのまま活かせる機能を搭載しています。しかも、アクセシビリティに準拠するよう不要なタグの削除もできます。普段の仕事の流れを変えずにそのままアクセシビリティに準拠したページを作成していただけます。

 理由3 アクセシビリティ対応もバッチリ!

アクセシビリティ機能の一例

「JISの規格番号(8341)」名前の由来であるアクセシビリティチェック機能も豊富に搭載しています。これにより、アクセシビリティの知識が無い作成担当者でも安心してページを作成していただけます。ただ、いつまでもアクセシビリティの知識がないままというわけにもいきません。弊社では、アクセシビリティ関連教育をはじめ、広報・広聴分野において多方面に渡りサポートさせていただきます。